• HOME
  • ブログ
  •     補助金や控除を使って「理想の家づくり」を!     ~地元の制度 編~

    補助金や控除を使って「理想の家づくり」を!     ~地元の制度 編~

2022年5月17日

ブログ服部 博

前回ご紹介した国の支援制度のほかに、地方自治体ごとの新築住宅や省エネに関する

支援制度も併せて利用することができます(一部、併用できないものもあります)。

 

2022年5月時点の最新情報をお届けします!

 

住宅の性能や入居時期、制度の申請時期などにもより条件はさまざまですが、

最大で160万円~185万円  

にもなることがあります。

 

 

【補助金の取得例】

◎長期優良住宅/30代の子育て世代ご夫婦 の場合(2021年)

        <補助金額>

地域型住宅グリーン化事業(長寿命型)   100万円

若者子育て支援              30万円

省エネ強化加算   (BELS取得)        30万円

____________________________

         合計          160万円

 

※このほか、太陽光発電パネル(出力8kw以上)の

太陽光発電システムの設置が実質ゼロ円

になる建て得サービス等もあります。

 

 

国や地方自治体の各制度は、毎年の予算や条件が見直されたり、制度の廃止や新設があったりと、変更することも多いので、情報を逃さないようにしっかりアンテナをはっておきましょう。

 

 

(2022年4月時点)の地方自治体による主な制度

<岡山県による補助金・給付金>

 おかやまの木で家づくり支援事業 (最大20万円)

対象:主要構造部分に県産乾燥材を8㎡以上か県産森林認証材を4㎡以上使用する住宅

※2022年5月現在

(岡山県木材組合連合会HP) http://kaiteki-kinoie.or.jp/subsidy.html

 

 

 津山市スマートエネルギー導入補助金 (最大12万円)

対象:指定の認定を受けた住宅用太陽熱利用システム、定置用リチウムイオン蓄電池の設置

(2022年度の補助については未定。2022年度6月補正予算が確定し受付可能になり次第、津山市ホームページにて発表されます。)

(HP) https://www.city.tsuyama.lg.jp/life/index2.php?id=8139

 

 

このように、新築住宅や省エネに関しての補助金・優遇制度は、国から地方自治体のものまで数多くあります。該当しそうなものをリストアップして、スケジュールを組んでみてはいかがでしょうか。

 

家を建てる時はご予算が大きな問題になってくると思いますが、心配ごとを払拭するためにも、

まずは建物の基準や制度の仕組みを知り、家を建てる土地の気候条件や特性を知ったうえで、

いかにより良い住まいにできるかを工夫・検討して、配置や間取りを決められることをお勧めしています。

 

院庄林業住宅では、

岡山県や津山市以外の自治体についても

制度をじゅうぶんに活用できるよう丁寧にサポート致しますので、

お気軽にご相談・お問い合わせください。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい!

お住まいの新築のご相談、リフォームの悩みなど、お気軽にお寄せ下さい。プロの設計士やコーディネーターがお答えします。送付いただいた個人情報を使って当社から無断で営業することはございませんのでご安心ください。

より詳しいお問い合わせや資料請求はこちら

 

電話の方は0868-28-7111平日8:00 - 17:00

お問い合わせはこちら