• HOME
  • ブログ
  • 【新築補助金】【リフォーム補助金】補助金を使ってお得に!「子育てエコホーム支援事業」が始まります。

【新築補助金】【リフォーム補助金】補助金を使ってお得に!「子育てエコホーム支援事業」が始まります。

2024年1月16日

ブログ村上 弘子

新築住宅を建てる方やリフォームをお考えの方に朗報です!

新しい補助金「子育てエコホーム支援事業」が始まります。

 

★住宅新築は80万~100万

★リフォームでは5万~60万

 

の補助金が出ます!

家づくりをお考えの方、リフォームをお考えの方、必見です。

 

 


目次

●補助金がもらえる人はこんな人!

●いくら貰えるのか??要件によって補助金額が変わります!

●まとめ


 

 

 

【補助金の対象者は??どんな人が貰えるのか?】

お金がかかる家づくり、補助金が貰えたら助かりますよね!

では、どんな人が貰えるのか??

①住宅を新築する方

②リフォームをおこなう方

が対象です。

それぞれ、補助金対象者が違ってきますので、しっかり確認していきましょう!

 

[住宅新築]

子育て世帯・若夫婦世帯の方のみ補助金対象になります。以下に当てはまる方は対象者です。

子育て世帯

申請時点でお子様が居る世帯。さらに、お子様が平成17年(2005年)4月2日以降にお生まれであること。

※令和6年3月末までに工事着手の場合は令和4年4月1日時点で18歳未満(平成16年(2024年)4月2日以降お生まれ)も対象になります。

若夫婦世帯

・申請時点で夫婦であること。

・令和5年4月1日時点でいずれかが39歳以下(昭和58年(1983年)4月2日以降出生)の世帯。

※令和6年3月末までに工事着手の場合は、令和4年4月1日時点でいずれかが39歳以下(昭和57(1982)年4月2日以降出生)の世帯も対象になります。

このように、住宅新築では、「小さなお子様が居る」・「若い夫婦」どちらかでないと補助金の対象にはなりませんのでご注意ください。

 

[リフォーム]

全世帯対象

対象者の要件はとくにありません!

リフォームを検討中の方は嬉しいですね~!

 


 

【補助金の額は?要件によって金額が変わる!】

補助金の額は要件によって変わります。

新築・リフォームそれぞれの要件と補助金の額を見ていきましょう。

 

まずは新築の場合です。

[住宅新築]

長期優良住宅

・1住戸につき100万円

※ただし、以下の①かつ②に該当する区域に立地している場合は補助額が50万円/戸となります。

①市街化調整区域
②土砂災害警戒区域又は浸水想定区域(洪水浸水想定区域又は高潮浸水想定区域における浸水想 定高さ3m以上の区域。)

ZEH住宅

・ 1住戸につき80万円

※ただし、以下の①かつ②に該当する区域に立地している場合は補助額が50万円/戸となります。

①市街化調整区域
②土砂災害警戒区域又は浸水想定区域(洪水浸水想定区域又は高潮浸水想定区域における浸水想 定高さ3m以上の区域。)

どちらも省エネ性能に優れた住宅です。

補助金の申請には、それぞれの認定要件を満たす必要があります。

院庄林業住宅の家なら、標準仕様で長期優良住宅の認定要件を満たすことができますよ!

 

[リフォーム]

リフォームは工事の内容によって貰える補助金額が変動します。

例えば、〇トイレを新しくする      → 掃除しやすい機能のトイレ=¥22,000-

                    → それ以外=¥20,000-

    〇洗面所の水栓を節水タイプにする→ ¥5,000-

など、金額が違います。(※補助金対象の商品であることが条件)

これらを足し算した合計金額分の補助金が貰えるというわけです。

貰える補助金の上限が決まっていて、

20万/1戸

これが補助金上限です。

 

ただし、以下の方は上限金額が高くなります!

子育て世帯・若者夫婦世帯

・上限30万円/戸

既存住宅購入を伴う場合は、上限60万円/戸

長期優良リフォームを行う

子育て世帯・若者夫婦世帯:上限45万円/戸

その他の世帯:上限30万円/戸

「小さなお子様が居る」・「若い夫婦」である場合は補助金上限がUP!

なおかつ、既存住宅=つまり中古で住宅を購入して、そこをリフォームすると上限はさらに上がります。

「長期優良リフォーム」で耐震性、省エネ性などの基準を満たすリフォームを行う場合も補助金上限がUPします。

 

ここで、1点注意事項です。

リフォームの補助金は5万円以上でないと申請ができません!

ですので、トイレを新しくする…だけでは5万円に満たないので申請できないので注意です!

 


今回は、2024年に始まる「子育てエコホーム支援事業」について簡単に解説をしていきました。

 

住宅新築やリフォームは工事金額が大きくなりやすいものです。

ぜひ、補助金を上手に活用してください!

補助金に関するご質問・ご相談は無料で承ります。

お気軽にお問い合わせくださいね。

 

 

 

子育てエコホーム支援事業ホームページはこちら!

 

 

 

まずはお気軽にお問い合わせ下さい!

お住まいの新築のご相談、リフォームの悩みなど、お気軽にお寄せ下さい。プロの設計士やコーディネーターがお答えします。送付いただいた個人情報を使って当社から無断で営業することはございませんのでご安心ください。

より詳しいお問い合わせや資料請求はこちら

 

電話の方は0868-28-7111平日8:00 - 17:00

お問い合わせはこちら